Heroes&Future2018inNAGANO2018/06/10(日)

Heroes&Future2018inNAGANO

長野ビッグハット

2時間30分休憩20分

さてさて、怒濤の3連続をこなしてきたので、忘れないうちにまずはこちらから書き残しておきましょう。

ただただ自分の覚書です。

金曜に同じアイスショーに行きまして、日曜に再び長野入り。

もちろんワタクシは長野県民でも東京都民でもありません。昨日は南、今日は北、ひたすら移動する流浪の民

宇野昌磨さんの衣装展示。

20162017シーズンラェンダーの咲く庭で

近くで見て改めて思う。この衣装が入るなんて、とても華奢。

前回は3階席、今回は2階席でした。

リンクにもそこそこ近い席でしたが、さほど寒さは感じず。

膝掛け1枚でなんとかなりました。

それにつけても今日は人が多かった。

渋滞を警戒して会場に早く着きすぎたので近くのお店で食事して時間を潰しましたが、こちらも待ってる人が大勢。

会場の中に入れば物販も長蛇の列。

終了後のバスもかなりの混みようで、会場出たのが遅めだったこともあり30分以上並んで待ちました。

だってレジェンド達がリンクで記念撮影してるから、最後まで観ないわけにはいかない!

にしてもバス待ちの時、救急車来てたのはなんだったんだろう。大丈夫だったのかな。

出演者は昨日の記事に書いたので省略。

金曜とプログラムが変わったのは、

ネイサンチェンネメシス

宇野昌磨TimeAfterTime

紀平梨花新FS

トリを務めた、羽生結弦Hope&Legacy

くらいかな?

紀平さんがジャンプ失敗したとき盛大に転んで後転しかける感じになっちゃって、その流れでゴンって音がするほど頭打ったんです。

すぐさま立って滑り始めたから、たぶん平気だったのだろうけど。

当たり前だけど氷って硬いから、当たったら痛いよ()

須本くんがジャンプ降りるときもドンッて大きな音がして金曜は3階でも聞こえたくらい、あんなにすごい勢いで体重かかるのだから、ちょっとタイミングが外れたら危ない。

ホント、皆さん気をつけて(())

今日のお席は選手の出入り口付近だったので、たとえば先日は見えたハイタッチしてすれ違う様子とかは分かりませんでした。

その代わり、退場していく時のちょっとした表情が見えたのは楽しかった。

ジャンプが上手くいかなかったハビエル選手が引き上げるとき、てへって感じで舌を出してたのかわいかったし、プルシェンコが投げ出していったスマホを羽生くんが拾い上げ、踏まれないところに丁寧に避難させてたのもよく見えました。

::::

この日の昌磨くんのプロはTimeAfterTime、ジャズのEXです。

拝見するのは5月4日以来、2度目。

前はまだ出来たてほやほやといった風情でしたが、今回はこなれて来てる!

イイ感じで抜け感が出てきたように見えました。

ドキッとする色っぽい仕草が何度も入るプログラムだなあ

全体のムードをぼちぼち醸し出せる感じになってきてたので、間近で視線を送られたら刺激が強すぎるかも()

高速スピンも大好物です。

ところでスピンするたびヒラヒラと首に巻き付くような赤いネクタイが少し気になるので、もう少し下まで縫い付けちゃったらダメですか

正直、未だ見たことがない新EXGreatSpiritを期待していたけど、昨日滑ったとのことで諦めはついていました。グレスピはテレビ局が放送してくれることを祈ろう。

TimeAfterTime、さらに伸びしろはあると思いますが、進化の過程を見せてもらえるのもまた贅沢ですね

フィナーレでは黄トゥーランの衣装だったのでまたもテンション上がる。

トゥーランドットはもちろん青の衣装が一番好きだけど、こうして見ると黄色も悪くないな〜なんて(;)

プログラムを滑った時とは違う衣装をわざわざ着てくれる、昌磨くんのファンへの気遣いと解釈してるのですがにも心から感謝したいです。

マスコットのぬいぐるみを思いっきり遠くの客席に投げ込む昌磨くん。男の子ってそういうとこありますよね。なんだか微笑ましかったな。

そしてそしてレジェンドスケーターがまたしても凄かった。

特にキャンデロロ

個性的なスピンにステップ、バックフリップは演技中に1回。さらに休憩前に1回(艸)

最後まで写真を撮ってたり、観客とコミュニケーションしたり、誰よりもこのイベントを楽しんだのはキャンデロロではないでしょうか。

ストイコさんもすごかったし、男女逆リフトも観られて、本当にオリンピックを冠する企画ならではと思いました。

ネイサンのネメシスが観られたのもホント良かった。

こちらも大好きなプログラムなんです。ネイサン格好良い。でも時かわいい。

友野くんと草太くんのプログラムも素晴らしくて、あっという間に終わってしまいました。

また観たいな〜生では無理かなさすがに。テレビかな(;)

::::

長野駅からバスに乗る、あるいは約30分歩くという、やや難易度が高い会場。

でもバス会社が慣れているので、乗車自体はとてもスムーズ。

ギリギリ天候が荒れることもなくて助かりました。

会場内は寒過ぎもせず、こぢんまりとしているので観やすく、とても楽しかったです。

さて、次にアイスショーに行くのはいつだろう?

交通費が膨大になる関西方面だけは手を出さないよう自制心に縄をかけて、自分の背中にくくりつけておくことにしましょう(;A